ブログ

2018年、仮想通貨がどうなるか考えてみる。

投稿日:

たわごとです♪

わたしは経済評論家でもネットのプロでもなんでもないです。
単なるたわごとでございます。

わたしが仮想通貨を初めて買ったのは2017年です。

といっても、10,000円分ビットコインを買うというささやかなスタートでありました。

仮想通貨って、今後広まっていくの?それとも終わるの?

そんなことについて考えてみました。

仮想通貨広まる説。だって現金って使いにくいでしょ?

我々日本人では世界でもトップクラスの現金好き民族らしいです。
理由はいくつかあるのでしょうが、ドロボーが少ないということもあるんじゃないかと思います。

それに、「クレジット払い=後払い=借金」というイメージも根強い。

いつもニコニコ現金払いという言葉に象徴されるように
決済はその場で現金ですませることがトラブルを防ぐコツ、のように思っているフシがあります。
(わたしはそのタイプ)

でもよく考えたら、現金のデメリットとして

  • (国家の立場でいうと)紙幣や硬貨を鋳造するっていうコスト+偽札管理
  • (使う側からいうと)持ち歩くという不便さ
  • (お店側からいうと)現金を数えるという煩わしさ

いいことなーんにもないですよね。

これが履歴が残るお金(ナナコでもスイカでも、クレジットカードでも)だったらラクなのかもしれません。

仮想通貨広まる説:国家に依存してないよ

今はドル中心の世の中ですが、
こうなると、ドルを発行しているアメリカの行方に世界中が振り回されてしまいます。

仮想通貨は国家が発行していません。
いってみれば、どこのだれかもわからない人たちが作り出し、流通させている通貨です。

考え方は仮想通貨ごとに違いますが、
複製されないような技術(ブロックチェーン)を使い、
送金がスピーディに行われるよう配慮されているものが多いです。

日本からアメリカに送金する場合、
日本円をドルに換えて国境を越えて送金することはできますが、そのときに手数料がとられ着金するまでの時間もかかります。

仮想通貨ならインターネットを使ってすぐに送金できるし手数料も安くてすみます。

仮想通貨、あやしい説:だって誰が作ってるの??

ビットコインやイーサリアム、誰が作って誰が管理しているか、はっきりわかってないです。

だからこそあやしいイメージが強く、ヘンなものをつかまされるイメージがあります。

仮想通貨、あやしい説:乱立・高騰しすぎ

たくさんの仮想通貨が流通していて、何が何だかわからない状態に見えます。

ビットコインはバカ高くなったけど、イーサリアムとの違いは・・・?

ドルと円の違いほどにストレートに理解することができません。

わたしの結論。2018年はこんな感じでいこうと思う

たしかに仮想通貨はあやしいもののように見えますが、

インターネットだって、誰が管理しているのかわからないけれど瞬く間に普及しましたよね。

もっと言えば、
電気だって送電線の仕組みとか全くわかってないまま使っています。

技術的な仕組みがわかっていないけど使っちゃってるというものはわたしはたくさんあります。

仮想通貨はだれが管理しているかわからないからあやしい、というのはわたしはあまり気になりません。

でも現金が大変管理しにくいものだというのは感じています。
なくしたらイヤだし。
それにがさばる。

銀行や国家も、仮想通貨を否定しているわけではなく、
独自の仮想通貨を発行していたり(みずほ銀行や三菱UFJなど)技術開発をすすめていたりします。

どの仮想通貨が主軸となるのかは別として、
紙幣・硬貨中心の世界から仮想通貨へのシフトとゆーものは進んでいくんだろうなと思います(長い目で見ると)。

だから自己責任で、
これからの世の中をイメージしつつ
仮想通貨をチョコチョコと買っていこうと思っています。

-ブログ

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.