ブログ

コインチェック不正流出。ネムってブロックチェーンだから・・・

更新日:

な、なんと
ワーイなんてうかれていたら

 

コインチェックハッキングされました

 

コインチェックがハッキングされ、ネム(NEM。通貨名はXEM※)が不正流出しました。

えっ

 

2018年1月26日の午後にコインチェックがハッキングされ、
コインチェックでのネムの取引ができなくなり・・・

 

深夜11時半からハッキングの事実を認めコインチェック執行部がAbemaTVで記者会見をしました。
(Youtubeでも公開されています)

 

 

わたしのネムどこいっちゃったのーーーっ涙

 

 

ネム(NEM/XEM)
ネムは英語表記だと NEM です。
でも仮想通貨販売所や取引所では XEM という表記です。

 

 

ハッキングされたのはコインチェックでネムは悪くない

 

これは多くの人が言っているようにネムに脆弱性(システム上の欠陥みたいの)があったわけではありません

 

コインチェックという入れ物がハッキングされて中に置いてあったネム(NEM。通貨名はXEM)という通貨が盗られちゃったということです。

一部マスコミにすらそういう風潮(ハッキングされたから仮想通貨はダメ)があるので一応。

 

 

補償されるのか?

 

これ、会見でマスコミの方々が何度もコインチェック執行部(和田社長と大塚取締役)に繰り返し聞いていた質問。

そんなこと、わからないよね。

 

会見のときは630億円といわれていたけど翌日の報道では580億円になっているところからして、
被害総額をいつのレートで計算するかもはっきりしていないみたい。

 

 

でもブロックチェーンなんでしょ?じゃあ記録が残ってるんじゃ?

 

これはわたしも気になっていたところなんです。

ネムはもちろん暗号通貨だから、

取引の記録はすべて暗号化されて所有者全員が共有しているはず。

 

これが暗号通貨(ブロックチェーン)のスゴイところで、
不正・偽造がしにくく、取引スピードも速いというのがウリだと思っていました。

 

だから、
今回不正に取引されたネムについては

もちろん、個人名が記されているわけはないですが、
このアドレスからこのアドレスに送金された、その後この口座に出金されたということは記録されているんだよね・・・??

 

・・・と思っていたらネム財団がこんな対応をしました。

 

盗まれたコインを、事実上使えなくしてしまう方策です。
こういうこともできるのですね。

ハッキングは残念なニュースだったけれど、
ネムとネム財団かっこいいーーー

 

ハッカーに打ち勝ってくれることを期待しちゃいます。

 

 

コインチェックはセキュリティの認識に対して甘かったのか

 

これも会見で記者の方々が執拗に責め立てていたコト。
(和田社長と大塚取締役が「甘かったです」と言わせて反省させたところで何も解決しないじゃないかと思った)

 

ハッキングされたのだから、コインチェックの認識が甘かったのでしょう。

 

以下の点でセキュリティの甘さが指摘されています。

 

  • ホットウォレットという、オンライン上の金庫でネムを管理していた。
    (対してコールドウォレットというのはオフライン上の金庫のようなイメージです※1)
  • マルチシグ(※2)という、鍵を分割して持つようなやりかたで厳重に鍵をかけておかなかった。

※1ホットウォレットとコールドウォレットについて

オンライン上においてあるものはオフライン上のものより盗難にあいやすいです。

金庫の置き場所として安全なのはたくさんの人が通る道に面したところ(ホットウォレット)か、誰も通らないところ(コールドウォレット)か?
盗難にあう確率は道路に面しているほうが断然高いですよね。

インターネットはたくさんの情報がいきかう場所です。
誰かにみられたくないものはインターネット上に置くよりも、ネットワークから切断した場所(パソコンに刺さっていないUSBメモリとか)においておいたほうが不特定多数に見られる確率はぐんと下がります。

 

※2マルチシグについて

マルチシグは鍵の持ち方のひとつ。

マルチシグは鍵をいくつかにわけてそれが合体しないとあかないような感じです。

 

 

今回の件について

 

たった数百XEMとはいえ、
コインチェックでネムを持っていた私としては

自分自身への反省点がいっぱいです。

  • 少額であってもわたしのネムは取引所ではなく「ウォレット」を使うべきだった
  • mijinとネム財団の存在をなんとなく知ってる程度でネムを買っていた。
    もっと仮想通貨の勉強をすすめてないとダメだった
  • 知らない単語が多すぎた
    例:マルチシグ・ホットウォレットとか

 

しかし、強がりを言うようですが、こうも考えています。

 

仮想通貨・ブロックチェーンなど新しい時代はじまりを見ているような気がする。
問題解決の方法もいままでとは全く違う。もっといろいろ知りたいと思えた。

確かにヘソクリを失ったのはツラいけど(涙)
わたしが買ったのは無くなっても日常生活に支障ない額の範囲。この方針はこれからも変わらずいこう。

 

また、こうも考えました。

 

仮想通貨って送金をスピーディに行いお金のやりとりを画期的に変えるために作られてると認識していた。

でも今のところ、取引所とウォレットの暗号キーやらパスワードやらで、その管理がとってもわたしには大変。しかしこれを怠ってはそもそも通貨としての役割を果たさないのでどうなんだろうなぁ。

 

仮想通貨は始まったばかり。

トラブルはこれからもあると想像できます。

 

自分のペースで、自分で責任とれる範囲で仮想通貨を見守っていきたいと思います。

あー。でもわたしのネム返して~~

 

 

※コインチェックの会見を見ていて

青ざめた顔で登場した27歳だという若い和田晃一良社長。メインで話していたのは大塚取締役も37歳。まだまだ若い。
大きな額の損失にそりゃ顔色も変わるよね・・。

だけど、問題発覚の日にトンズラして現場に現れなかった はれ〇ひ の社長とは大違い。
色んな覚悟をして当日に会見したのは真剣に問題と向き合ってるってことだと思いました。
(額が違うだろってのもあるけど一生に一度の成人式に値段なんてつけられないぞ)

それに比べて、正義の味方のつもりか同じ質問を何度も繰り返していた記者の方々はなんなんだろうなぁ
ちょっと見苦しく感じました。

 

願わくはわたしのネムが戻ってきてコインチェックのセキュリティがかつてないほど強固なものになることなんだけど。がんばってほしいなぁ・・・

 

-ブログ

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.