ブログ

コインチェックハッキング、ネム流出。その後

更新日:

コインチェックハッキング。ネム流出。被害総額580億円。

そんなニュースが巷を駆け抜けたのは2018年の1月26日。

1月27日には、ネム財団が不正流出したネムを使えないようにすると宣言し、
1月28日には、コインチェックが不正流出したネムの所有者に、1ネム88円換算で日本円で返金すると発表しました。

 

 

補償額の総額は480億円で、コインチェックはこれを自社資金で調達すると言っています。

 

すごいですねー、お金持ち~

コインチェックはなんだかんだいって、480億円支払えるだけの資金を持っているってことになります。

これについて感じたことを、メモしておこうと思います。

 

できればネムで返してほしかった・・・本音。

 

ネムを持っていた人は、これからネムがあがるのを楽しみに持っていたと思います。

もちろんわたしもその1人。

20円台で購入したネムがどれだけあがるのか、楽しく見守っていたところでした。

 

なので
もちろん返金ナシ・補償ナシよりはずっといいけれど

 

できればネムで返してほしかった・・・

 

しかも
1XEM=88円で計算とは、

かなり底値に近いところで確定するんですね・・・

そんならその値段でネム調達してくれたら・・・

 

 

税金困る。コインチェックは「損金」として計上できても、ユーザは「利益」として計上しないとダメなんだ

 

たくさん持っていた人にとっては本当に涙目になると思うんですが、

コインチェックは今回の件、480億円を「損金」として計上することができるので結果として税金安くできますね。

 

でも
このままあがるのを楽しみにしていたネムホルダーと呼ばれる人たちは
突然強制的に利益確定させられて、もし黒字だったら雑所得として計上する必要があります。

 

20円で買ったのが88円で売れたということになっちゃう・・・今売るつもりなかったのに。

 

このあとネムが200円くらいまで上がったら、この件は損金として計上できるとかそういうことにならないかな。

この件で一番トクするのは税金もらう側?と思ってしまいました。

 

 

とにかく現金持ってるすごい。仮想通貨取引所って儲かるんだね

 

とはいえ、

事件発覚からわずか3日でここまで話を決められるとは
ハッキングされた甘さはあったもののコインチェックの対応力の高さ、すごいです。

480億円の現金を出すとスパッと言えるのもすごい。

 

※ちなみにはれのひは被害総額1.8億円
てるみくらぶは151億円、マウントゴックス事件で消えたビットコインは114億円です。

 

 

なんだかんだいって金融庁も

 

2018年4月に資金決済法が改正・施行されて仮想通貨取引所は登録制になりました。

金融庁が事業者の登録申請をうけ、サイバーセキュリティーやマネーロンダリング・テロ資金供与対策、利用者保護に向けた取り組みなどを審査、それをパスした業者が「登録業者」と名乗れることになったのです。

 

登録業者は定期的に金融庁の監視を受けることとなり、
日本では仮想通貨が安全に取引できるよう一歩進んだとされていました。

 

 

でも、
ビットフライヤーやGMOコイン、テックビューロ(Zaif)が登録業者になった一方で、

コインチェックは2018年1月になっても登録申請中のままでした。

 

やはり、金融庁的にみて足りないモノがあったということですよね。

 

わたしは「金融庁の登録業者であること」よりも、コマーシャルまで出してるんだから大丈夫だろうと思っていました。

この態度、ダメですね。

やはり金融庁は金融のプロ(当たり前)。

反省

 

ちょっとそれますが、

韓国政府が仮想通貨取引所閉鎖を検討したり中国政府が仮想通貨取引所を検閲したりというニュースと比べれば、日本政府(金融庁)は仮想通貨に対して柔軟に対応するんだなと思いました。

(取引所の閉鎖や検閲は自国経済に利益をもたらさないということなんでしょうね)

 

 

 

これを機に、自分も"ウォレット"を使おうと思う

 

自己責任である仮想通貨投資と知りつつも

テレビコマーシャルを信用し金融庁の動向をチェックせず安全な場所(ウォレット)へ通貨を移すこともしなかったくせに

 

イザ被害にあいそうになると、コインチェックや金融庁、ネム財団の補償をアテにしていた自分がいました。

 

でも今回被害にあった理由は、

 

仮想通貨を取引所に置きっぱなしにしておいたらイカンということは知っていたのに

なんか面倒くさくて後回しにしていた自分

 

にもあるのです。

 

仮想通貨投資は自己責任。

 

  • 万一なくなってもガマンできる金額ではじめること。
  • 情報は信用できるものかどうか確かめること。
  • 安全取引のためにできることはすべてしておくこと。

 

これをキモに銘じたというわけでした。

いつ返金されるのかな。

またネム買いたいなーーー。

-ブログ

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.