ビットフライヤーの使い方

コインチェックは初心者向け?ビットフライヤーのいいとこわるいとこ

更新日:

ビットコインなど仮想通貨を買うときは、
コインチェックやビットフライヤーなどの「取引所」への登録が必要です。

両方登録をすませたのですが、その違いとかについてまとめておきます。

 

そもそも取引所ごとに扱っているコインの種類が違う

 

そもそも・・・ですが、

取引所ごとに扱っているコインが全然違います。

 

ビットフライヤーではモナコインは売っていますが、コインチェックではモナコインの扱いはありません。

 

ビットフライヤーで扱っていないネムやリップルは、コインチェックでは取り扱いがあります。

 

コインチェックは扱っている仮想通貨の種類が多いです。
2017年11月現在で12種類の通貨の扱いがあります。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LISk)
ファクトム(FCT)
オーガー(REP)
リップル(XRP)
Zキャッシュ(ZEC)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ダッシュ(Dash)
ビットコインキャッシュ(BCH)

 

一方、ビットフライヤーは6種類です。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)

扱っている通貨の種類、という面ではコインキャッシュのほうが色々選べていいのかもしれません。

 

 

アプリの使い勝手では、ビットフライヤーのほうが断然わかりやすい?→どちらもすぐに慣れます

 

アプリを開いてみると、
ビットフライヤーは、日本語でコインの名前が書いてあります。

↓コインの名前がカタカナで書いてあるビットフライヤー

 

↓略号がメイン、小さく英語でコイン名が書いてあるコインキャッシュ

 

友人に「リップル」という仮想通貨のことを聞き、少々興味を持ってビットフライヤーを見てみたのですが、ビットフライヤーではリップルを買うことはできませんでした。
(扱っていない通貨だったのです)

 

なので、コインキャッシュも登録したのですが・・・

初心者の私は、リップル(XRP)の値段をチェックしようとしてオーガー(REP)のところをみてました。
リップルだから REP だと勝手に思っていたんですねー(苦笑)

 

※2018年1月、すっかり慣れました。
アラフィフのオバさんでも覚えられるのでみなさん楽勝だと思います。

 

コインチェックとビットフライヤーだと指値で買えるのはビットコインだけです

 

参考までに、
リップルをコインチェックで買おう!と思ったのですが、
指値で買うことができませんでした。

現在のところ、どの取引所でも指値で買うことができるのはビットコインだけのようです。
↑ウソです

リップルを指値で購入できるところはありました。
例えば

 

ビットトレード
Phenix(ポロニエックス、英語)
ビットバンク

 

わたしは英語で取引する自信はないし、
とりあえずは大手ではじめてみようと思っています。

と、取引所のことを調べているとどの取引所でも必ずビットコインの取り扱いはありました。
仮想通貨で現在のところ最も取引されており評価が高いのはビットコインということなのですね。

 

値動き激しいです

 

仮想通貨のことを調べ始めてまだ1か月。
値動きはものすごく激しくて、わたしのような貧乏人が一攫千金を目指すとロクなことがなさそうです。

万一失敗して溶かしてしまったとしても差しさわりのない、
余剰資金の一部で始めて見るものだなと思いました。

 

BitFlyer公式ページ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

コインチェック公式サイト
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

-ビットフライヤーの使い方

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.