ブログ

仮想通貨で大損したってどういうこと?仮想通貨は危険か考える

投稿日:

今回のコインチェック事件が大きく報道されているせいか

わたしのような地味キャラが仮想通貨を持っているというと
(注:ほんのチョッピリです)

えー

 

と言われることが多いです。

 

では仮想通貨で身を滅ぼしたとか、
仮想通貨で破産したとか、

 

そういうのってどういうことなんでしょうか?

 

自分なりに感じたことを書いておこうと思います。

 

 

全財産注ぎ込んだ・借金して買った、という人は大変だと思います

 

仮想通貨は爆発的に値上がりして「億り人」がたくさん出たといわれています。

面白半分に買ったビットコインで億万長者になったとか
借金が返せたとかいろんないわゆる「スゴイ話」がゴロゴロしています。

 

 

でも・・・

次の億万長者はこのわたし

という気持ちで全財産注ぎ込んだ人
借金して買った人

今回の事件が人生を左右する大きな大きな出来事になっているはずです。

だって

コインチェックに入れていたお金、いつ出せるかまだわからないんだもの。

億万長者の夢が終焉を迎えたと思ったかもしれませんし、
値上がりを期待して借金していた場合は青くなるってもんじゃないと思います。

 

仮想通貨FXで自己資金以上の取引をしている人も大変だと思います

 

コインチェック事件と直接関係ありませんが、

株や外貨と同じように仮想通貨FXという世界もあります。

 

FXは、「今ある資金で購入する」という現物売買ではなく
自分の資金力を超えて購入できる「信用売買」ができます。

10万円しかないのに、100万円あると信用してもらって、
100万円までの取引を行うことができるというやつですね。

 

信用取引はお金を借りているわけですから、毎日金利が発生します。
また清算の日時も決まっていますから、その日までに何とかしなくてはいけません。

仮想通貨FXで自分の資金以上の取引を行っていた場合は、コインチェック事件とは関係なく、
仮想通貨の相場に応じてハラハラしたり青ざめたりしているかもしれません。

 

自分の資金以上の取引をしていた場合が危ないんだと思う

 

なくなってもあきらめがつく金額で仮想通貨を買っていれば、
最悪コインチェックからお金が取り出せなくなったとしても

ううう・・・

泣く

と自分が少々泣くだけですみます。
(自己責任ってやつですよね)

 

借りたお金であったり、

他に使う予定のお金であったりしたら身を滅ぼす可能性もあるかも・・・だけど

 

くれぐれも、
身の丈にあった額で、ひっそり始めるのが大事、と思います。

特にFXは
投資の知識や度胸が必要なので

とりあえず一万円づつおっかなびっくり買っているようなわたしは
まだ手を出す段階ではないと思っています。

-ブログ

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.