ネット銀行について

コインチェック・ビットフライヤーを利用するなら住信SBIネット銀行口座を持っていたほうが有利

投稿日:

住信SBIネット銀行仮想通貨の購入するときは、コインチェックやビットフライヤーなどの取引所に口座を開設に必要なものとして

  • パソコンかスマホ
  • 身分証明書(運転免許証やパスポートなどなど官庁発行の写真がついているもの)

があげられますが、そのほかに

 

住信SBIネット銀行の口座

 

を持っていると、より初期費用をかけずに仮想通貨を買うことができます。

 

住信SBIネット銀行のいいところ

 

  1. 口座維持手数料が無料
  2. 入金は無料、出金手数料が月2回までは無料
    (スマートプログラムでランクづけされ、SBI銀行の利用状況によって回数はもっと増えていきます。詳しくはこちらで)
    https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/smartprogram_03
  3. 入出金できるATMが多い
    (イオン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、ローソン、ビューアルッテ)
  4. SBI銀行同士の送金が無料

 

ビットフライヤー・コインチェックで一番メリットを感じられるのは4番目のSBI銀行の送金(振込)が回数無制限で無料、という点です。

 

住信SBI銀行のデメリット

 

  1. 通帳がない

わたしは特にデメリットを感じていません。

(すべての履歴をネットで確認できるのでそのほうが便利です)

 

ビットフライヤーやコインチェックに日本円を送金するときSBI銀行は無料

 

ビットフライヤーやコインチェックの自分の口座に日本円を入金するときは

ビットフライヤーやコインチェックのSBI銀行の口座あてに振込を行います

 

↓ビットフライヤーの場合

 

↓コインチェックの場合

 

 

自分がSBI銀行の口座を持っていれば、SBI銀行同士の送金となり、手数料は無料です。

 

でも日本円を出金するときは三井住友銀行が有利だという謎

 

日本円を出金するときは、手数料がかかります。

ビットフライヤーの場合は

3万円未満であれば、三井住友銀行へは216円、それ以外は540円。

3万円以上であれば、三井住友銀行へは432円、それ以外は756円。

 

コインチェックの場合は

一律400円。

 

日本円を出金するときは、

三井住友銀行の口座へ出金したほうが安いのです、これはなんででしょうね?

 

SBI銀行

 

SBIホールディングスは仮想通貨に積極的

 

SBIホールディングスは仮想通貨の研究に積極的、とわれています。

以下のようなニュースがありました。

 

※2018年1月現在ですが、

コインチェックとビットフライヤーだけではなく

  • Zaif
  • bitbank
  • GMO
  • QUOINEx
  • BITPOINT

主な仮想通貨取引所でもSBI銀行の口座を持っていると入出金の点で有利です。

 

 

ネット銀行はあぶないんじゃない?

 

よく聞かれるのですが、
そういうことがどうしても心配ならば、やめておいたら・・ゴニョゴニョ。

ネット銀行が危ないならば既存の銀行はみんな危ないと思うし、
通帳と印鑑で出金できるほうがセキュリティ面はどうかと思います。

 

二重認証が必須だったり送金連絡が頻繁にきたり、

ネット銀行の口座の管理はとてもやりやすいです。

なによりも、銀行へ足を運ばなくても口座の確認ができることが一番助かりますよ~

 

 

-ネット銀行について

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.