用語集

仮想通貨ってビットコインだよね?【初歩の仮想通貨】

投稿日:

今回のコインチェックハッキングは、テレビや新聞でも報じられたので、

仮想通貨ってなんだろう?という方々の関心を集めたという一面もあります。

 

わたしのようなヤツでも、仮想通貨のことは友達としゃべっているときの話題にあがるようになりました。

勉強した内容、メモしておきます。

 

 

仮想通貨って、ビットコインだよね??

 

そう、ビットコインは仮想通貨です。

でも、仮想通貨はビットコインだけではないです

 

他にも、今回流出したネム(XEM)、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、モナコインなどたーーくさんあります。
ビットコイン以外のコインを アルトコイン alternative(代わりとなる) coinの略 と呼んでいます。
ビットコインの代わりとなるかもしれないコイン、という意味です。

 

また、仮想通貨のことを暗号通貨と呼んだりすることもあります。
英語では virtual currency(バーチャル・カレンシー)といいます。

 

仮想通貨には他にも、こんな特徴があります↓

・法定通貨ではないので、どこかの国が管理しているわけではありません。
なのでどこかの国による補償はありません。

・きちんとした定義があるわけではないですが、
Suicaやnanacoのような電子マネーやマイルやポイントのようなものとも違います。

・ブロックチェーン技術を使って実現されています。

 

答えビットコインは仮想通貨のひとつです。仮想通貨には、イーサリアム・ビットコインキャッシュ・モナコイン・ネム・リップルなどたくさんの種類があるのです。

 

 

ビットコインはコインチェックなの?

 

出川さんのCMで「兄さん、なんでビットコインはコインチェックなの」と言い続けてましたよね。

もちろん、コインチェックはビットコインではありません

コインチェックは、ビットコインなど仮想通貨の取引所(仮想通貨を売ったり買ったりすることができる場所)です。

 

 

また、コインチェックが扱っているのはビットコインだけではありません。

他にもいろいろあります。

答え

コインチェック以外でもビットコインを買える場所はたくさんあります。

 

 

仮想通貨取引所って、コインチェックだけじゃないよね?

 

はい、コインチェック以外の仮想通貨取引所はたくさんあります。

 

日本国内でも代表的なものに、

ビットフライヤー
Zaif
GMOコイン
DMMビットコイン

などなど、たくさんあります。

 

海外にもたくさんあって、

BITTREX (ビットレックス、USA)、
Poloniex(ポロニエックス、USA
Bitfinex(ビットフィネックス 香港)
Binance(バイナンス、中国)

と、各国に存在しています。

 

取引所について、必ず知っておくことは

 

取引所によって取り扱っている仮想通貨の種類が違う

 

ということ。

ビットコインはどの取引所でも扱っていますが、アルトコインとよばれるビットコイン以外のコインの取り扱いは各取引所によってかなりのバラつきがあります。

例えば、
モナコインはビットフライヤーでは帰るけど、コインチェックでは買えない。
ネムとリップルはコインチェックとZaifでは帰るけど、ビットフライヤーでは買えない。

 

当然ですが、
たくさんの取引所で扱っている通貨は「広く知られており、普及している仮想通貨」ということになります。

また、
〇〇コインが◇◇取引所に上場(取り扱い開始)!というと、
そのコインの価格が上がるんじゃ?!と騒がれたりします。

 

例:モナコインが韓国の仮想通貨取引所UPBitに上場する→モナコイン、価格上昇するんじゃ?!
(実際にはあまりそれほど上がらなかったらしいですが・・・)
答え

仮想通貨取引所はコインチェックだけではありません。

国内外にたーくさんあって、それぞれ取り扱っている仮想通貨の種類が違います。

まとめ

よくわかるような、わからないような仮想通貨ですが、

まずは、
コインチェック・仮想通貨取引所・ビットコイン・アルトコインの意味を抑えておきましょうね!

用語のまとめのまとめ

コインチェック:仮想通貨取引所のひとつ

仮想通貨取引所:仮想通貨を売ったり買ったりする場所

ビットコイン:現在最も多くの人に知られている仮想通貨

アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨

-用語集

Copyright© 毎月10,000円仮想通貨買ってみた by ニワさん , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.